全身脱毛をする機械って?特徴は?

全身脱毛をする上で、どんな機械があってどんな特徴があるかを把握しておくのは、決して損な事ではありません。
レーザー脱毛の主流の機械と言えば、ライトシェアデュエットとアレキサンダーライトレザーが日本人の肌にも合うレーザー脱毛の機械です。
大体の医療機関では、このどちらかの機械が使われているのですが、さてその違いはどんなとこでしょうか?

医療機器と医師まず、ライトシェアデュエットは半導体の力を利用して脱毛するレーザー脱毛方法です。吸引システムによりレーザー脱毛時の痛みを軽減し、従来のレーザー脱毛法よりも広範囲に脱毛する事が出来ます。
また、ライトシェアデュエットは産毛や細い毛も脱毛出来るのが特徴です。

一方、アレキサンダーライトレーザーは、その名の通り宝石のアレキサンドライトから作られています。
その特徴は、メラニンだけに反応してレーザー脱毛してくれます。レーザーを照射する範囲が広いので、広範囲に一気に脱毛出来るのが特徴です。
また、メラニンに反応するレーザー脱毛なので、シミやそばかすにも効果があります。

どちらのレーザー脱毛も日本人の肌の特性に合った脱毛方法なので、安心して施術を受ける事が出来ます。
医療機関でレーザー脱毛を受ける場合は、どんな機械を導入しているかを調べてから行くのも、安心して施術を受けられるポイントですよね。